連帯保証人不要の賃貸住宅|アパート経営を失敗しないために事例を熟知しよう|成功へと導きます

アパート経営を失敗しないために事例を熟知しよう|成功へと導きます

男性

連帯保証人不要の賃貸住宅

つみ木と札束

賃貸住宅と契約をするときに必要なものは色々とありますが、1番難儀するのは連帯保証人を誰かに頼まなくてはならないことだと言う人は少なくありません。核家族化や高齢者の一人住まいなどの現在社会の特徴からか頼みやすい親戚はいない状況の人も多いですし、頼みたくないという人も少なくないでしょう。そんな現在社会のニーズに応えて賃貸借契約での連帯保証人に、手数料を払えば代行してくれる家賃債務保証を行う家賃保証会社があります。賃貸住宅探しを不動産会社に相談して初めて家賃債務保証について知る人も多く、連帯保証人に困り躊躇している人はたくさんいます。手数料を払ってでも利用するメリットは高いので、上手に使うと良いでしょう。

家賃保証会社の家賃債務保証を利用すれば、貸主は家賃の滞納リスクの心配がなくなり一般的な連帯保証人よりも安心です。そのため、この保証をパックにした賃貸住宅は増える一方です。借主にとって連帯保証人が不要になる気持ちの軽さもメリットですが、借りやすい賃貸が増えますので比較検討する件数も増えます。しかし、保証料は、家賃保証会社によって家賃の半月分とか高いところで70%程度と様々です。家賃に関わらず数万円程度というところもあります。連帯保証人不要のパック物はどの保証会社を使っているかで家賃の高さも違いますし、滞ってしまったときの退去処分の厳しさも違います。借りやすさや住みやすさのための保証ですからパック物でも自分で保証会社を選ぶ契約でも、よく調べて最適な家賃債務保証を選択しましょう。また、家賃保証をしてくれる会社を選ぶときは入金が早いところがおすすめです。オーナーの収入源が家賃であった場合、それが途切れると生活が滞ってしまいます。家賃保証会社のなかには家賃滞納が発生しても、数日後にはオーナーへ入金してくれるサービスもあります。そのため、このようなスピード入金をウリにしている会社を選ぶのがいいでしょう。