不動産に必須のシステム|アパート経営を失敗しないために事例を熟知しよう|成功へと導きます

アパート経営を失敗しないために事例を熟知しよう|成功へと導きます

男性

不動産に必須のシステム

内観

家賃保証は家賃が支払えなくなった時に立て替え払いをしてもらえるサービスです。支払うのは家賃保証会社です。もちろん、故意に支払わないのはNGです。不動産会社や大家は家賃が必ず入ってくるという安心感があります。このシステムを利用すると、連帯保証人が必要なくなります。連帯保証人は家を借りている人が家賃を払わなかったときに、代わりに払う人だからです。家賃保証サービスはこの保証人に代わり支払うことになるので、借りる時に連帯保証人を申込書に書く必要がなくなります。代わりに、入居申込書兼保証委託申込書を記入するだけです。こうして家賃が保証されることにより、不動産会社や大家は家賃の催促をするという業務をする必要がなくなります。さらに保証人を得られない人も借りられるようになるので空き室が減ります。

家賃保証システムが人気の理由は借りる側と貸す側双方にメリットがあるからです。最近、結婚しない人や子どもを持たない人が増えてきました。兄弟姉妹も少なく、一人っ子という人も多いです。そのため連帯保証人を頼める人がいないという人が出てきています。そんな人にとって連帯保証人を必要としない賃貸はとても助かります。不動産や大家にとっても家賃収入が確実に得られるのは大きなメリットです。アパートやマンション経営の最大のリスクは空き室と家賃滞納であることは間違いありません。そこを解決してくれる家賃保証システムは便利なシステムです。全くの素人から不動産経営を行う人でも、このシステムを利用すれば低いリスクで事業を始めることができます。